駅前留学NOVAからのSPイングリッシュ|比較してみて分かった実力差

英語検定2級で、ぶっちゃけ英会話にはちょっと自信があるのですが、今時の英語学習教材がどんな感じなのかをリサーチしたいと思い、駅前留学NOVAと無名の英語教材を比較してみました。

というのも、兄から中2の甥っ子が英語を覚えたいと言っているとの相談を寄せられたからなんです。

僕自身、NOVAにはお世話になった口なので、開口一番「NOVAじゃね?」って言いかけたんですが、絶賛コロナ拡大中のご時世にわざわざ甥っ子を危険ゾーンに向かわせるのはよくないじゃないですか。

だったら、実際に外国人とのやりとりができる駅前留学系と、もっとお手軽なホームスタディ系のどちらがいいかを僕が比較してやろうって考えたわけです。

ちなみに、今回のホームスタディ系は「SPイングリッシュ」という無名教材です。

駅前留学NOVAを利用した感想

これは現状のNOVAではなく、もう20年近く前のNOVAを利用していた僕の感想です。

もしかしたら今のものとは違うかもしれませんが、そこをカバーするためにも体験入学だけはしておきました。

体験入学を経た感想としても、20年前のものと大きな差は感じられなかったので、トータル的に以前の印象をお伝えします。

NOVAなら、継続することで確実に英語力が養われます。

僕は高校の時に2年通って英会話のスキルを向上させましたが、この時点で英検3級の中学基礎英語があった状態です。

一切の英語の知識がない状態なら、もう1年かければ英会話廃についていくと思います。

そう、赤ちゃんが喋り出すような感じですね。

ただし、NOVAは日本人向けの勉強方法なので、ネイティブの子供に言葉を教えていくようなやり方ではないです。

ある程度座学で英語の知識がある人間が、ネイティブが話す日本人風な英語から耳を鳴らしていき、最終的に本場の英語を聞き分けられるようになる感じです。

中2が通うとなった場合、少なくとも3年は必要でしょうね。

SPイングリッシュを利用した感想

全くの初見です。

むしろ、この手の教材自体が初めましてです。

なかなか面白いですね。

まず、英会話をたった4つの固有パターンで無理矢理わかりやすくさせるという視点が凄いです。

僕は完璧な学校教育内での英語習得と、NOVAでのトーキングレッスンでしたので、ゴリゴリの文法を時間をかけて覚えてきた口です。

そんな僕にとって、この出会いはちょっと衝撃的でしたね。

勉強時間1日30分という脅威

30分って信じられます?

小学校の授業よりも短いんですよ。

1時間みっちりNOVAでの英会話レッスンを受けてきた人間からすると、こんな短時間で英会話できるようになるなんて許されませんよ。

30分で何ができると?

ちょっと僕には想像ができませんでした。

実際にやってみると、確かに30分で重要なことが長端的に説明されます。

その重要なこと、それが発音だったり、会話をする上で重要なポイントなんですが、こんなに簡潔にまとめ上げられていていいもんなのか?というのが率直な感想です。

4つのポイントに収められた英語の本質

4つのポイント、これがSPイングリッシュの本質であり、実際英語を話す上で重要なポイントです。

むしろ、この4つのパターンさえ覚えておけば、初めましてで会話する相手となら困らないでしょうね。

古くからの友人との会話では、この4つのパターンでは対応しきれないでしょう。

でも、他の話し方は会話していくうちに覚えられるような内容なので、英会話の第一歩としては超優秀なパターンかですね。

ネイティブ発音を理解するためのリアル発音記号

このリアル発音記号、僕がNOVAに行ってる頃に知りたかったです。

というか、今でも使えると思う。

ネイティブ発音がめっちゃくちゃわかりやすいですね、これ!

英語辞典にもちゃんと発音記号はついてるんですよ?

めっちゃくちゃわかりづらいやつが。

こんな変化させてもいいんですね。

いや、ほんとこれはやばいですよ?

駅前留学NOVAとSPイングリッシュ比較

一応、ここまでの流れを読んで貰えばどっちに軍配が上がるのかは明らかですよね。

でもあえて書きましょう。

SPイングリッシュヤベェ!!

NOVAにはNOVAの良さがあるんですよ?

実際に目の前でやりとりできるとか、講師の数だけ訛りもあるし、いろいろ実地訓練ができるとことかね。

でもね、NOVAのメリットをいくら探してみても、SPイングリッシュの有用性にはちょっと及ばないかなぁって感じてます。

甥っ子には間違いなくSPイングリッシュを推奨するでしょう。

でもさ、ホームスタディ系英語学習教材って、基本的に中学卒業レベルの基礎英語力が必要なんですね。

これが今1番のネックだと思うんです。

大人が英会話を学ぼうっていうなら、SPイングリッシュはめちゃくちゃ使いやすいですよ?

でも、子供が英会話をって思った時、ちょっと不安が残るんです。

基礎英語力が足りない時にも有効?

変な話、基礎英語力ゼロだったとしたらどうでしょう?

NOVAなら、生徒に合わせて基礎英語クラスも用意してくれます。

じゃないと即やめますからね。

ちゃんと真面目に通っていれば、最終的には英会話習得できるのがNOVAです。

でも、SPイングリッシュは自分で基礎英語力をつけなきゃダメですね。

英会話の基礎となる英語耳は養えると思いますが、言っている意味を理解できないと思います。

単語一つひとつが持つ意味が理解できなかったら、どんなに正しく聞こえてどんなに正しく発音できても、会話としては成立できないですよね。

そう考えると、SPイングリッシュも一長一短ですねぇ。

両方一緒にやるって選択肢は?

これは絶対にあり得ません。

基礎英語だけなら英語の教科書を読み込んだり、単語は反復で覚えるしかないです。

こればっかりは他人に教えてもらうもんじゃないです。

発言のボキャブラリーとしても単語は必要です。

SPイングリッシュで耳を鍛え、ネイティブ発音を学びながら、すでに日本語がわかってる映画を完全英語版で楽しむってのがいいかもしれませんね。

これなら言ってる意味もわかりやすいし、好きな映画ならある程度セリフも覚えてますからね。

映画に限らず、アニメ作品でもいいと思います。

要は、ネイティブ発音と単語の意味が自分の中でリンクできればいいんです。

時間をかけて、コストをかけ続けられるならNOVAでいいでしょう。

でも、基礎英語ができていてサクッと英会話を覚えたければSPイングリッシュですね。

基礎英語からお願いします!って感じなら、僕的にはSPイングリッシュを使いながらいろいろな情報を駆使して基礎英語を鍛えるかな。

英検2級が中学生におススメするのは「SPイングリッシュ」

僕自身が卒業した駅前留学NOVAをおススメしたい気持ちは山々なんですが、それ以上に優秀な英語学習教材があるんだから、わざわざ遠回りを教えるのはイジワルじゃないですか。

それに、SPイングリッシュなら他人とは非接触ですから、甥っ子の感染リスクも抑えられますからね。

いいですか?

本気で英会話を身につけたいなら、最近はホームスタディ系英語教材がとても優秀です。

正直、SPイングリッシュってマイナーもいいところです。

聞いたことないですもん。

でも、めっちゃいい教材でした。

最後の最後でついでみたいになりましたが、これを作った「イムラン・スィディキ」って人、Wikipediaでも情報が載ってる有名人だったらしいです。

気になったら調べてみてください。